荒西浩人のWEBLOG

Archive for 4月, 2016

人生

人には人の人生があります。
僕はいつもサーフィンをしている時と同じように物事を考えます。
遊びや仕事も何事においてもそうであるように、いい波が来る日やもうひとつ
よくなかった波や、全然あかんかったときとか、、、
良い時も悪い時もそれは波を例えとしてかんがえて毎日がそんなかんじ。

友人であり木工職人である西粟倉村の『ようび』の工場が今年初めに全焼しました。

               (新しく空き家を借りてお店にする場所を再建)
IMG_9136
代表である大島くんの工場に訪れたのは確か7年前です。
一人大きな工場で木工機械と材木がまばらにおいてあり今まさにこれから始まっている様子の工場でした。
時々会いに行ったり大阪でトークしたりちょうど昨年の11月に遊びに来てくれて
一緒に飲んだりと彼の『木』とものづくりに対する考え方は僕ととも少し
違うかんじがとても刺激になっていました。
そして今年になって工場が焼けたということを聞き、すぐには行けませんでしたが
2月に入って一度復興支援に伺い、また先日友人たちを引き連れて作業の手伝いに行きました。
同じ木工場を持っているものとしてどうしても何か手助けをしたいという気持ちが
高まり賛同してくれた知人友人たちも悶々としたこの社会『何かしたい』と
いうことから賛同し自然とみんなで役目を決め1日作業に没頭しました。

お金で変えられないことお金で判断できないことお金がなくても大きなものを
みんなで得たことがとても重要でみんなが気持ち良い1日になり、逆に
僕たちも日々を大事に生きようと思った瞬間でした。
いつも心にありがとうと、、、

ようびの家具は素晴らしいので是非購入してください。
これが今できる僕の支援です。