荒西浩人のWEBLOG

Archive for 10月, 2015

冬にむけて

冬は物悲しさがある感じがするが、ここ篠山に越してきて5年楽しみ方とか暮らし方を身にしみてくるくらい理解してきている。
結局は人に頼ったり、物や道具に頼るのではなく自分たちで「工夫」して生きていくことが何事にも賢明であるということに気づかされた。

寒いから服を着る、温かいものを食べる、冬の遊びをする、、、
ただそれだけなんですが意外に何かに頼るようになっているのではないでしょうか。

「ただそれだけ」を基本に生きていればモノの価値や人の優しさ、自然の猛威、時間の大切さに直に触れることができます。

ちょっとの時間を大事にし先日も一人午前の仕事を終え昼からサクッと
波乗りにいきました。夕日がきれいIMG_7351
波乗り後のキャンピングカーであったかい(熱すぎる)コーヒーをドリップで自分で入れ飲むことが僕の至福の時だなと感じます。

ほんの数時間、ほんの数分をうまく生きる男でありたいといつも思ってます。
さてササヤマルシェが終わったらちょっと一人旅に出ようかなと思っています。家族はまた別でどこかに行く約束してですけど、、、(笑)

 

IMG_7352


思い出す

季節や匂いによって過去の思い出や聞いてた音楽などふと思い出す時があります。その時の友人もそうだし仕事までもが鮮明に出てくる。

日々生活していると全くと言っていいほどその状況に流され、根本的な心や
中身は動かされないけれど、よく行ったお店や働いていたバイト先、
友人までも忘れている。
ちょっとしたきっかけでどんどん広がり、あの人はどうしているんだろうか
あ、よくテレビで見てるよ。今度会いに行きたいなとか考える。

一番思い出すのはやはり音楽の仲間や先輩。
とくに20歳前後のからの時代は僕の人生のターニングポイントとなって
今にいかされているような気がする。

当時のバイト先チャイショップのカンテグランデは本当にいろんな人に
出会い楽しみ、こんなに楽しいことってあるのかと言わんばかりの毎日で
寝る間も惜しんで遊びくれていました。
今ぐるっと回って先日のイベント ヤンバルで草木染め作家kittaも当時のお客さんでよく来てくれていた人のひと。
25年ぶりに会いイベントをすることになったり、当時のバイト先のカンテで働いていた松本さんやケーキチームのリーダー安田さんとも先日同窓会ということで再開しいろんな熱い話もできた。IMG_7308
有名とか有名じゃないとかあまり関係なく、人それぞれの思いとか考え方ってすごく大事なんですよね。

当時と変わらぬ友人や先輩の再来に乾杯したいと思います。

IMG_7274