荒西浩人のWEBLOG

Archive for 11月, 2014

音楽から学ぶ事


只今、「6」ではgoma絵画展を開催中です。
ササヤマルシェの最終日11/3にgomaちゃん本人が在廊していただき、たくさんのファンのお客さんが
来てくれました。途中いろいろ彼と話しましたが、事故後前の事はなかなか思い出せない事も多く
今も人並みには生活していますが、「生きているという事をありがたく思う」というあたりまえだけど
大事なことを本当にピュアに話していたのが印象でした。

 

IMG_3738

「やりたいけどやれない事」がおおいのにやらずにやれない事のようにする人は、本当に
もったいない人生を送っているのではないかな?」と言っていた。
僕の同感で、いつもブログで書いているように、やらずには死なれない事っていっぱいあると思います。
なので、できるだけ自分、家族、社会の事も考えてすべて時間を自分でつくっていきたいと
再確認いたしました。20140924_1089905_t

SONY DSC

僕は、中学生の頃からドラムをしていて、高校ではちょうどバンドブームとか何とかで
他校の学生とバンドを組んだりしていました。
19の時に大阪のカンテグランデでバイトし多くのミュージシャンの人らとも
バイト先で接点をもちバイトとバンドと夜な夜なクラブイベントの日々でした(笑)

その時からずっと音楽をやっている友人達は数少なく、やっている人はすでにメジャー
になっているか、ぼちぼちと自分の好きな音楽を楽しんでいる人もいる。

僕も長らくずっとバンド活動は続けていて、一時期家具職人の仕事に従事している3年ほど
やっていなかった事をのけては継続している。
好きとかそういう事でもなく、ドラム自体は僕の生きる為のやる事の一つであって
パンクやサイケデリック、マンチェスター、アノラック、オルタナティブ、スカ、レゲエ、ラテン
という感じでずっと続けられている。
まあそんな事で、音楽をやる事で自分を知ったり仕事のリズムや人前に出る事なんかにも大きく
影響されているなとつくづく思うのです。
そう考えれば人生の半分以上はすでに音楽をやっているし、家具の世界も20年を超えました。

なくてはならない存在、音楽とものづくりということなのでしょうかね。

さて、今月も来月もそれぞれライブがあります。

今中心となってやっているバンドpug27主催のイベント『bird watching』も11/22に大阪noonで
行います。20141122BW_920

12/7(日)篠山のrizmにてライブイベントを共同開催することになりました。
「6」x rizm 共同music program vo.1

20年来の音楽の友人イッチーとヨッシーのライブに僕も木工のパフォーマンスとドラムで参加いたします。
是非、地元でのライブ僕も楽しみにしていますのでご参加くださいませ。

https://www.youtube.com/watch?v=FTwAevVJpD8#t=60

詳細はこちらまで。

「6」news

rizmサイト

2p_04s1460063_386818441468391_1242841040446653559_n