荒西浩人のWEBLOG

CRAFT

ササヤマルシェ2016

今年もササヤマルシェ始まります。
明日から4日間天気も良さそうなので今までになほどの来場者が予想されるのではないでしょうか。
毎年渋滞しているので来られる際は10時過ぎに篠山に到着されるようにしたほうが
良いですよ。良いお店そして美味しいお店たくさん出店されるササヤマルシェに是非ご来場ください。

11/3〜27はbirbira ROCK de sarasara展も開催いたします。
店内にたくさんのお皿にまつわる陶器作品が並びます
是非マルシェ帰りにでも寄ってくださいませ。

11/27はlina linaのウクレレのワークショップとライブが開催されます。
僕もパーカッションで参加予定ですので是非こちらもご予約くださいませ。
初心者の方も大歓迎です。ウクレレをお持ちでなくても丁寧に教えてくれます。

 

website-top

 

 

 

 

6rock-560x241

 

 

 

 

 

 

image3

 

 

 

 


にじのわまつり2016

今回をもって最終となる にじのわまつりに「6」も出店させていただきます。
主催者のitsumoのユカちゃんにはいろいろお世話になっています。

なんていうか安定感がある存在で彼女の周りにはたくさんのユカちゃんを支える
人たちがいて信頼される人っていうのはこういう人なんだなーと思いましたよ。
「6」もお店オープンもこういった企画イベントや出店などに前向きに参加していこうかと
思っています。
実際に行って人と人のお付き合いやお仕事をしていきたいと思っています。
是非9/11は書写山でお会いできたら光栄です。
nijinowa2016_logo
にじのわまつり


余分は省きたい

最近のニュースを見ていると地位もお金も時間もあるのにそういう人の犯罪が増えているような気がしませんか?
「犯罪の質」が昔より違ってきている。
余分な時間や余計なお金を持ちすぎているからまたその『お金』を増やしたいとか、、、、

時間が余ってるから余計な発想が生まれる。

人は日々感謝して自分で幸せと感じれる瞬間があればそれで十分だと思いませんか?

 

IMG_9845


こども夢想像プロジェクト 2016年

僕がワークショップということを始めたのはすでに15年が経ちます。
最初の頃は木工教室とかそういう感じのものでしたが、このワークショップという
言葉が日本に定着してきたのはありがたいと思います。

自分が『やりたいこと』『するべきこと』『しなきゃいけないこと』を
思い始めた活動です。
儲からんのになんでそんなんすんの?時間の無駄ですよ。なんて言う方も当時からおられましたが
今になってその重要さに気づき活動を始めている人もいます(笑)

いろんな業界に影響を与えることができてそれはそれで嬉しいのです。

なんでもひとの考える前にやってプロの方や玄人さんに影響を与えることを
これからも変わらずやっていくつもりです。

今年で7年目になる『こども夢想像プロジェクト』小学4年生から中学1年生のこどもたちに
プロの道具を使ってもらいローテーブルを作ってもらいます。
どしどしご応募くださいませ。
先着順ではございませんので、やる気のあるひとはぜひご応募ください。
pro03_wood_title_1


人生

人には人の人生があります。
僕はいつもサーフィンをしている時と同じように物事を考えます。
遊びや仕事も何事においてもそうであるように、いい波が来る日やもうひとつ
よくなかった波や、全然あかんかったときとか、、、
良い時も悪い時もそれは波を例えとしてかんがえて毎日がそんなかんじ。

友人であり木工職人である西粟倉村の『ようび』の工場が今年初めに全焼しました。

               (新しく空き家を借りてお店にする場所を再建)
IMG_9136
代表である大島くんの工場に訪れたのは確か7年前です。
一人大きな工場で木工機械と材木がまばらにおいてあり今まさにこれから始まっている様子の工場でした。
時々会いに行ったり大阪でトークしたりちょうど昨年の11月に遊びに来てくれて
一緒に飲んだりと彼の『木』とものづくりに対する考え方は僕ととも少し
違うかんじがとても刺激になっていました。
そして今年になって工場が焼けたということを聞き、すぐには行けませんでしたが
2月に入って一度復興支援に伺い、また先日友人たちを引き連れて作業の手伝いに行きました。
同じ木工場を持っているものとしてどうしても何か手助けをしたいという気持ちが
高まり賛同してくれた知人友人たちも悶々としたこの社会『何かしたい』と
いうことから賛同し自然とみんなで役目を決め1日作業に没頭しました。

お金で変えられないことお金で判断できないことお金がなくても大きなものを
みんなで得たことがとても重要でみんなが気持ち良い1日になり、逆に
僕たちも日々を大事に生きようと思った瞬間でした。
いつも心にありがとうと、、、

ようびの家具は素晴らしいので是非購入してください。
これが今できる僕の支援です。


最悪〜!

『最悪ー』っていう人がいますが、最も悪いという時って生きていてもほぼないと思います。
なんでもない日々から簡単に最悪だという言葉がでたり、「めんどくさい」という言葉も
よく耳にします。
最悪もめんどくさいも日々生きていれば少しの面倒も楽するよりも知識や勉強になるという考え方
になるし、最高とまではいかないけれど悪くならない状況を作ることも自分次第でどうとでもなる話ではないかなと
思うのです。

なんでも面倒で動くのも作業するのも面倒になっているならば生まれてこなければよかったのにと
思うしかないように思います。←極端(笑)
ある程度手のかかったモノごとは重みも愛情も入っているに違いないと思います。
面倒で簡単にできるモノはそれなりのモノだと思います。
それなりのモノにはそれなりの言語、手がかかったモノにはそれなりの言語や思いが詰まっています。
古いモノにも新しいことにも興味を持って良いバランスで、、、
なんでも面倒だとか最悪だとかは言わないようにしたいと思っています。
人に感謝しモノや自然に感謝して生きていきたいな。
IMG_8410


いとう写真館今年も開催!!

6flyer_soto「6」でもたくさんのイベントをしています。
いとうさんも昔からの友人で、僕が独立したらイベントやろうねって決めていたんです。
もう今回で6回目となります。
家具職人ですが、デザインや製作の在り方考え方は意固地に職人という概念にとらわれないように
いろんなことをしたい気持ちでいっぱいです。
もちろん伝統とか歴史なども理解し「まね」ではなく自分らしくオリジナルでありたいと
思っています。
作家の展示会などにも誘われることもありますが、そのような賞があるイベントや審査される出展は
控えさせてもらっています。
生意気なことを言うようですが、そういうことよりもお客様が働いて貯めたお金で買っていただける
こと、お店開業どそういったことにご協力させてもらうことが使命だと思っています。
他にも子供ワークショップなどにも力を入れています。
先日小学校の木工授業のボランティアにも参加させていただきました。

IMG_8524

物作りの楽しさをお伝えすることがだいじなんですよね。
同業者や玄人さんの手本になるくらいの人にならないとなと日々考えています。


IMG_8524

 

 


より自分の力になること

子供のワークショップなどモノづくりをたくさんの人に知ってもらうため
いろんな方面で活動しております。

先日小学校の学級の一環で木工のワークショップをボランティアで行ってきました。
ある程度こちらで仕込んでおき子供たちに「しゃもじ作り」をしてもらいました。

短い時間したがみんな最初は抵抗はあったものの、途中から楽しんで一生懸命の姿を見ると
やはりこの仕事をやっていてよかったなと思うのです。

普通のワークショップの参加者さんは親が興味を持っておられ参加させることもあったりと慣れているこどももいるけれど学校となるとやる気が無い子も出てくるのではと思いつつ
やってみるとみんな興味津々で楽しんでいたのでモノづくりの授業はもっとあったほうがいいのかなとも思いました。

だいたいはワークショップで得たギャランティーのほとんどは次にするための道具を買ったり、準備資金にしています。
協賛もしていただけるメーカーさんもありますが、ワークショップ自体のギャランティーが少ないのも現状です。
ただ自分の積み上げた腕と技と思いは無償でもこどもたちには時間を作ってでも
伝えていきたいと思っています。

初心やたくさんのことを子供達に教えてもらっているといってもいいと思います。

IMG_7200


やすみは悪だ?! 遊ぶのも悪だ?!

あっという間に11月になりましたね。
一年も早いものです。
ササヤマルシェもたくさんの人で賑わい、これから篠山も冬支度となります。
篠山の冬は何年たってもこんなに寒かったのかと毎年思います。

「6」も12月から3月までお店は冬季休業にはいります。
冬場に来てくれる方もおられるので毎年アポイントを取ってお会いさせていただくお客様も
多々あり、昨年も年末ギリギリに来ていただくお客様もいらっしゃいました。

4ヶ月お店をおやすみしているので、まあ世間ではよく休んでいいなーとか定休日が多いのは
遊んでばっかりと思われている方が多いとおもいます。

実は逆に冬場の方が忙しく製作をさせていただいているのが現状なのです。
本当に毎年ありがたいことにこの休業中に製作で手一杯な状況なのです。

しかしながら冬季休業、週3日休み、不定休とかいうことを前に出すと単純に遊んでいる
としか思われないのが寂しいですね。

例えるならタイムカードを押してデスクでずっと座っているだけで給料が落ちてくる
人か、いろんなところに回ったりいろんなことに興味を持ったり、思いっきり楽しむ人の方が
意欲も違うと思うのです。

思いっきり仕事して思いっきり遊ぶこと!!これ大事ですよ。

 


できるなら作りたくない!?

いきなり意味わからんテーマで始まりましたが、個人商売をやっているくせに何を言っておるんだ!!って怒られそうですが、語弊がある言語ですみません、、、

ていうか、世の中に本当に腐るほど(腐っているものもある)ものにあふれかえっております。
「6」でオーダーを受けて作るものはカタログもないし、お店に来ても商品もないしどないしてやっているの?と聞かれることがあります。

そうその通りで、縁で繋がったお客様や来店してくださっていろんな話をしているうちに「僕でよかったら作らせてください」という体制をとっているのです。

例えて言うなれば、
このテーブルがあったからこそ美味しいコーヒーを飲むために早起きしたくなったとか、家族団らんしたくなったとか、子供がこのテーブルで宿題をするのをよこで一緒に成長を見て楽しむだとか、毎日のあたりまえをあたりまえに迎える道具として作りたいと願っております。

いっぱい他で見てきていただいて、金額や手触り座り心地、有名とかみんながいいというからとかメディアに出ているとかそういったことも含めて「6」がやっぱりいいな!と決めていただいた方で十分なのです。
デザインし新しく作るものが一般的ですが、修理、リフォーム、いろんなカタチで今あるものを活かす方法もあるし、自分の建てた自宅やお店に『ちょうど良いカタチ』を提案するのが僕の仕事だと思っております。
なので古い車が好きだとか音楽やサーフィン、バイクなどいろんな方向性から自分と家具の距離をもってお客様とともいい距離感で仕事がしたいと思っております。いわば人と人との関係性といったら良いのでしょうか、、、

押し付けて無理やり売らなければならないこともないし、お客様と自分の距離感を大事にし長く使っていただけるモノづくりはオープン当初から何も変わっていません。

長々と書きましたがそんな『環境を売る』家具職人がいるというのも面白いと思っていただければ幸いです。

IMG_6112

 


4周年を迎えて

篠山に来てもう4年が過ぎました。
春に引っ越ししコツコツと内装の改装に日々花粉症の鼻をすすりながら
作業をしていたことを思い出します。

3年やったら10年は続けられると前職時代に知人の先輩に言われたことを思い出します。

何でもそうですが、”継続して続けること”というのは人から見ると当たり前で簡単に
見えることもありますね。
例えばスポーツ選手なんかそうですね。特に何年もオリンピックに出場する方はその
体力と持久力と精神力があってこその賜物です。

僕のやっている仕事もそうかもしれません。
前職時代から会社を経営する立場でしたが、現在も規模は小さいですが一線で仕事を
することもなかなか難しいものです。
新しいことと歴史あること人との繋がりやお客様とのコミュニケーションなど、、、

モノを作ることは変わらずしても、心や、きもちのゆがみでそういったことを
継続出来ない方にいく人にならないように
日々精進して5年目の突き進んでいきたいとおもいます。

皆さんのおかげそして自分のがんばりにも敬意ある行動をしたいですね。

 

 


続きますよワークショップ

書きたいことは山ほどあるのですが、なかなか追いつけずな状態です。

毎年行っている大阪市の『こども夢創造プロジェクト』の小学4年から中学1年
までの木工のワークショップの募集も終了し大阪市さんの方で厳選なる選考で
参加者が決まったと報告がありました。

こどもたちと一緒に夏休みのものづくりたのしみです。

僕がワークショップを始めた頃からすでに20年弱経ちます。

なぜ始めたかと言うと、自分の技術ややっている”仕事”をたくさんの人に
知ってほしいからという単純なことと、自分自身の初心を忘れないでいたいという事
から始めたわけなのです。
ものづくりが楽しいと思っていてもいざ会社にしたり大きなブランドになってしまうと
あっという間に自分でモノを作らず”売る”ということだけに執着してしまいます。
『ホンマモノ』というのは、自らの手で伝え言葉で知ってもらい、人と人への
伝承がものづくりの醍醐味だと思うのです。

 

先週の日曜日7/5も岡山の湯郷温泉かつらぎさん内でのガーデンワークショップも
好評により定員を増加するということになり、皆さんとてもうまく製作し親子の
方にも好評で楽しいイベントになりました。ありがとうございました。

お天気もよく旅館の庭でワークショップというのはなかなかない試み。
かつらぎのスタッフの皆さん、ありがとうございました。

10年前にここのカフェの家具や内観プロデュースと製作いたしましたところなので
皆様も是非行ってみて下さいね。
83j83t83f82r

また「6」でもなにかワークショップ新たに考えますのでどうぞよろしくおねがいします。

FullSizeRender IMG_6010 IMG_6013 IMG_6014 IMG_6017 IMG_6031

 

 

 

 

 

 

 


何かを生み出す人

 

人生いろんなモノや人と出会って学んだり発見したり、はたまた自分磨き
をしたりと人生は死ぬまで勉強だと思っています。
最近はSNSなんてもんがあるので、簡単に”知っている”とか思っている
人が多いと思う。
人に会わずして会ってる気になったり、知っているけど知らない人やったり(反対かな?)
何かしら褒めて伸ばす主義的なモノ事で始まり、モノ事で終る。

本当のところは会って話して、心を知って仲間になるはず。
古来からそうであったように人としてそうするように心がけたい。
利用するところはバランス良くハイテクを使い、本心のところは変えない付き合いや
暮らしをする事が重要なのではないでしょうか。
以外とみんな解っていて出来ていないのかなと思うところです。
何事にもバランスを大事にして生きるべきです。

先日、篠山と福知山の県境に新しいお店がオープンする。
お店というよりアトリエ的なパン屋さん、KARUNAさん。
IMG_5737
知り合いだけのお披露目会という事でおじゃまさせて頂いた。
ここは本当に山奥でまわりも何にもない山、、、
誰か来ているのかなーと思っていましたが、篠山、京都、伊丹、福知山、綾部
からたくさんの知人友人もお祝いに駆けつけていた。
最近都会のレセプションとか人が多いのと、なんかよくわからないけど行ってきた!
みたいなノリについていけないので、自分が関係すること以外ではなるだけ参加しないこと
にしました。まあ、そんなことどうでもいいのですが。

なんとなんと、こんな場所ですが、KARUNAさんところにもたくさんの人が集った。
ほぼみんな何かを作っているとかなにかを発信している人で話しも楽しい。
ノリとかそういうのではなくしっかりと自身をもっている方々で僕も勉強に
なるし、長く本気で付き合えるひとと出会えてよかったと改めて思いました。

IMG_5743IMG_5748KARUNAさんはじめ、竹松うどんさん、居七十七さん、のりたま農園さん、ちせさん
otimoさん DNF COFFEE 大地君他

楽しいひとときをアリガトウ。

本気で話したり、笑ったりしてお互いを高めましょう。

 

 


ワークショップ

IMG_4981 IMG_4987 IMG_4990

今ではなじみのある”ワークショップ”ということばですが、
僕が前職時代に初めてからは、もう20年近くになります。

きっかけは、とある大阪のビルで行われている、講座内容で
『木工講座』をしてほしいという同世代の方から要望をいただき
一度やってみる事にしたのがきっかけです。
約20名の生徒さんにミニチュアの家具を作ったり、ベンチやカトラリー
など小さいものから作っていました。
ちょうど、ものづくりブーム?!のような時期で学生さんや主婦の方
も来られていました。
木工はおもしろいよということが広がればいいということでやっておりましたが
やればやる程講座を受ける方々の始まりと完成の喜びがひしひしと感じ
これはもっといろんな人にやるべきではないかなと、思ったのが始まりです。

大人向けから始まりましたが、こどものワークショップや障害者施設の人たちなど
いろんな方向からやり始めました。
活動としての一環だったので、ボランティアでやっていたことも多く、
職場のスタッフには、よくそんな事やって何の意味あるの?
お金にならないことしてどうするの?
などと言われていましたが、好きでやる、何かに繋げられる、いつかは
認知される、これはボクがやるべき事として
先駆者として動くということを心においてやっておりました。

やっているうちに、大阪市や神戸市、大学方面、木工関係、NPO、町おこし
財団、小学校図工事業、商業施設など様々な方面からオファーをいただくことになり、少しづつですが前に向かっており、たくさんの木工関係の後輩たちも
『ワークショップ』を理解してくれているようで、たくさん賛同し、
個人でも開催する方も増えとても嬉しいことでもあります。

なんでもやりたい事はやる、それが身になり、次に繋がることをしていく
ようにいつまでも一所懸命動こうかなといまさらながら思うのです。

自分のことも大事だけどなにか手助けできる事も必要な時代ではないでしょうか。

SONY DSC

小学校の図工の授業風景
サポーとしてくれているスタッフも楽しそう。

 

 

 

 

 


プロとして

僕も家具職人のプロとして多くの方々にいろんな家具や内装の仕事をさせていただいています。

皆さんのご存知のように僕は車やバイクが大好きなのです。サーフィンやバンド、この季節
スノーボードなどいろんな事にチャレンジしていますが、遊び道具は一度買ったりもらったり
はたまたトレードして替えっこしたりして楽しんでいます。


SONY DSC
バイクなどは、不人気車であれば手頃だったり逆にそんな希少価値のあるモノが好きで
直しては乗ってという感じです。
車に関してはやはり自分で直せる場所や道具も限られているので、プロの人に任せる。

口頭でいったとおり僕は家具作りのプロであります。
もちろんちょっとした絵やマンガなどでもカタチにしますし、家の内観やお店作りなど
バランスをみて考え、製作し納品、メンテまでやります。

時には壊れた椅子などももう捨てよかなとか直りますか?ということがあれば
できるかぎり元通りにさせる事もしばしば、、、

時には、無償でやってしまいます(笑)

何て言うか、ちょっとやったろ!!任せとけ!!!ていう感じの職人さんが減ってきた様に
思います。
特に車やバイクなどは、新品のものの方がいいですよ。買い替えましょう!!
思考が社会的にも蔓延していて、本当の修理職人さんが少なくなってきているような気がします。
何でもそうだけど、いわれた事だけする。
僕がお付き合いしてくれていたバイク屋さんはいつも言わないところまできれいにしてくれていたり
今見てもらっているpandaのお店もいろんな所をきれいに直していてくれたりととても親切です。

「保証できないけどやりますか?」「やったらこれくらいかかるよ」「新品に買い替えましょう」
それは解るんですが、職人として勉強になるからおもしろそうだね、
よっしゃいっちょやってみるか!!!ていう人を見つける方が難しい、、、

親身になってくれるお店や業者そして友人が全ての生き方に準ずるとおもうのであります。(大げさ?)

 

是非是非、家具の修理などございましたらお申し付けください(笑)
何でも勉強なることはやってみせますよ!!!

 

 

 

 

 


学び 先輩 後輩 師匠 

IMG_4688

この仕事をしていると、職人=師匠や先輩がいて成り立つ仕事。
しかしながら今の社会と言うのは、ネットとかで何でも調べたり情報を知ったりできる時代。
僕も仕入れる材料や参考になる仕事関係の事なども調べる事も多く、役立つ事も多い。
かれこれ職人志願で23歳からこの道にはいりすでに20年以上のキャリアになった僕ですが
死ぬまで修行と言ったところでしょうか、僕はクラフトフェアや作品展などの
お誘いも多くいただきますが、今のところ全てお断りしています。

まだまだ”作家”と自分で言うこと自体恥ずかしく、
その代わりに子ども達や大人のワークショップなどは活動の一環として開催しています。
来月にも大阪駅のグランフロントで開催予定です。

お客さんの「必要とされるモノ」を作ったり、そのモノ自体で豊かな生活になってくれたり、家族の会話が増える場所づくり

やお店など居心地がいい場所を提供できればと思っているのが一番のやりがいと希望なのです。
どちらかというと、自分の技術やモノ事を人に提供したいということでしょうか。

技術を学んだり教えたりすることって、内容そのものが
違う事であり、人と人のやりとりで成立する事なんですよね。

なので学ぶってことはネットで調べるという事とは全く違うことであり、ある意味
知っている風、学んだ風でおられる方も多いのではないでしょうか?

人から学ぶ事は、感情や気の使い方やモノにも反映すると僕は思うのです。

最近の何々風の兆しが社会へも悪影響を及ぼすのではないかなと真剣に思うのです。

本物と偽物の間が曖昧になっているのではないでしょうか。

人に伝える事は人間社会では重要だし、真剣に喜んだり励まし合ったりするのは簡単ですが、
怒ったり、注意する事すら難しく、そんな事口走ると、仕事が減ったり友達ではなくなったり、
本当に思っているからこそ伝えても逆効果になることも起こってしまう“この感じ”は
何なんだろうかと考えたりしています。

僕は物怖じせず話せる人にはきっちり話す様にしているのです。

あと、真剣に話してくれる先輩や師匠がいるかどうかということが重要なのではないでしょうかね、、、
今までの後輩や弟子にあたる人たちにはそういった事をうまく自分が伝えられたかというと
それも自信がないかもしれないですがね(苦笑)

結局は人と人です。

 


友人と過ごした短い冬

「6」の冬期休業で3ヶ月お休みさせていただいています。
篠山のお店は冬期休業や週末のみの営業という感じのところも多く
春に向けて仕入れにいったり、こもって仕事をする方も多い。
実際僕は後者のこもって製作仕事をしています(笑)
12.1.2月とお休みしている間に家具の注文品や新作、普段行けなかったお店などを
まわったり、友人に会いにいったりと休む暇なく動いております。
長野や東北程雪なども積もりませんが、住民の方は結構家にこもって
おられる方も多いのです。

こういうのって本来は自然とともに生きている証しであって、都会の様に
煌煌と明かりが点いていて昼も夜も解らないより、季節感を感じられる
田舎は素敵だと思うのです。
便利不便で言うとそりゃ都会の方がずっとよいのですがね、、、

3ヶ月もお休み?ということを話すとわりかし羨ましいなーと言われます。

ずっと仕事をしているよりも、たくさんのものや人に触れる方が”いい仕事”が
できると僕は思うのです。

先日は、1/20.21の二日間、toro e toroのズシチアキさんが今年もオーストラリア
から駆けつけてくれ、キリムドール作りとどいちなつさんのお昼ご飯付きの
ワークショップをいたしました。IMG_4508

 

冬期休業と言いつつ、この日はお店も開けて朝雪はふったものの天候もよく、
ズッシーの”晴れ女”は健在でした(笑)
昨年12月頭からの募集で一気に予約でうまってしまう程人気でした。
ほっこりとご飯を前半の方と後半の方と一緒に食べる。
和気あいあいのズッシーのお話に参加者さんはそれはとてもとても満足されていて
主催する僕らも大満足のワークショップでした。

IMG_4496
IMG_4513

同世代であり、昔からの友人である彼女たちの落ち着いたしつらえと言葉は
ゆったりしているのだけれども、強い力をいつも感じられるのです。

お互いゆっくりと前向きに自分のペースで惑わされず進む事をあらためて学びました。

ズッシー、ちなつ、参加されたお客さまありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

 


素直に表現すること

今日は星がきれいでした。
空を見上げるという行為は本当に人には大事なことなんだなと思ったりする。

手前のことや、近いまわりの事に左右されやすい人生より大きく空を仰ぐような
大きな世界や社会を見る方がずっと素敵だし、自分自身もちっぽけな一個人ということ
に向き合えます。
僕が、波乗りする事や楽器を演奏するのもそういった考えのもとやっているのだとも言える。
匠のワザだとか、楽器の演奏がうまいとか、そういう事って僕が個人的に思うのは、あまり
”そこに”こだわらなくても共感してもらえる人が多い方がずっといいと思うのです。
極端な話し、楽譜も一切読めませんがライブもCDも出すことができているし、家具も
僕自身”作家さん”という言葉もおそれ多く、僕は人それぞれの幸せな暮らしのアドバイスができれば
それで十分だと感じていますし、逆に仕事をいただいている事で幸せを感じさせてもらっています。

最近若い知り合いの料理人の子がサラリとこんな事を言っていました。

『私はこの山の中に住んでいて、ご近所さんのお爺さんやおばあさんにおいしいと言って
もらえるようなお弁当を作りたい。買い物を行く手間を自分が作るご飯で幸せを感じてもらいたい』

今の生き方とは逆に売れるものを作っていかなとか、都会やないとあかんわなどと考えるのではなく
より近しい人から幸せをあたえる仕事をし、それが広がっていくと言う考えなのかなと、、、、

実は自分のまわりにもたくさんの素晴らしい人がいるのにはあまり気づいていないかもしれません。
家族はもちろん、仕事の仲間や普段何気なく遊んでいる友人にも自分とは違った大きな才能
を持っているひとからいろんなことを学び、共有し、日々勉強するという事が大事です。

感謝しありがとうと言う言葉や、なにかヒントをもらったり逆に怒られたりすることも
感謝の一つだと考えていない人も多いはず。
ありがたいというのならば、素直にありがとうを表現することが大事なんですよね。

今年も一年あと数日、健康でいられよい年を迎えられたらと思っています。

12/31の大阪NOONでのカウントダウンライブで今年の〆です(笑)

家具職人として、ドラマーとして、サーファーでバイク車好きなことをずっと続けていきます。
IMG_3105
よろしくおねがいします。

 

 


やってみよう精神

篠山も寒くなってきました。
アトリエでの作業も厚着をして作業に勤しんでいます。
寒いから家にこもるのではなく、寒いので外に出て子供と公園にいったり、
車のワックス掛けを手でかけたり、スタッドレスタイヤを自分で
変えたりと、寒いからこそ外で動いてあたたかくなる方法があります(笑)
もちろん仕事も寒い方が気合いが入るし、動いていると寒いのも忘れる。

部屋に入ると薪ストーブでほっこりとできるのが冬だけの贅沢です。
ストーブに温まる為の椅子を何脚かあるので選んだりして、本を読んだり
コーヒーを自分で挽いて入れたり冬には冬の楽しみがいっぱいあります。
IMG_4230
バイクも最近動かしていなかったせいかバッテリーがあがってたり、車はマフラーが
錆びて穴があいたりといろいろありますが、何とか自分で直せる所は直し
それをまた楽しめています。

明日にでも林道朝だけ行こうかな。

『できる事はやる』『できそうな事はやってみる』『やった事がない事はチャレンジしてみる』
この3つは今の時代大事なことのように思います。

やる事によって自分の経験値のアップ、やれる事が増える、やって自信がつくなど、、、
エエことずくしである。

仕事でもそう、最近よく耳にする”買った方が安い” ”うちはやったことないからやらない”
”やっても保証できませんよ” ”やるのは手間がかかるからやんない” ”うちの商品じゃないから”
などとやらない会社や企業が多い。

ましてや自分の所の製品なのにもうそれは やらないことにしてますからという、、、
人間もっとチャレンジ精神があってもよかろうとおもうのです。
何歳になってもスキルアップと冒険心はある方が楽しいですよね。

 

年末から年始にかけて、キッチンのお仕事が2件ありこれは”やったこと何度もある”
ので楽しんで製作しています。まず年内納品のキッチンの台部分。
IMG_4197

それと、愛着のある椅子の修理作業をしました。
お家に伺って家具を注文して頂いたあとに帰りに「これって修理できますか?」と渡された椅子、、、
即答、やりますよ(笑)
脚は根元から折れてましたから捨てるに捨てられず置いていたらしい。

 
IMG_4162

家具も注文いただいたし、見積書はサービスということにしました。

 

チャレンジさせて頂けて僕はそれで嬉しいのです。
直りましたよ。
家具の納品と一緒にお渡しします。

12月から2月まで冬期休業をしていますが、問い合せも何件もいただき来店して
これからお店をやる方や、自分のアトリエや部屋などのコーディネート話もさせて
いただいています。

もちろん家具の注文やこちらに来られてお店に来たかったと言うお客さまも
大歓迎でお待ちしています。
こちらまで問いあわせメールくださいませー。

oyakata@6-rock.com

 

 

 


音楽から学ぶ事


只今、「6」ではgoma絵画展を開催中です。
ササヤマルシェの最終日11/3にgomaちゃん本人が在廊していただき、たくさんのファンのお客さんが
来てくれました。途中いろいろ彼と話しましたが、事故後前の事はなかなか思い出せない事も多く
今も人並みには生活していますが、「生きているという事をありがたく思う」というあたりまえだけど
大事なことを本当にピュアに話していたのが印象でした。

 

IMG_3738

「やりたいけどやれない事」がおおいのにやらずにやれない事のようにする人は、本当に
もったいない人生を送っているのではないかな?」と言っていた。
僕の同感で、いつもブログで書いているように、やらずには死なれない事っていっぱいあると思います。
なので、できるだけ自分、家族、社会の事も考えてすべて時間を自分でつくっていきたいと
再確認いたしました。20140924_1089905_t

SONY DSC

僕は、中学生の頃からドラムをしていて、高校ではちょうどバンドブームとか何とかで
他校の学生とバンドを組んだりしていました。
19の時に大阪のカンテグランデでバイトし多くのミュージシャンの人らとも
バイト先で接点をもちバイトとバンドと夜な夜なクラブイベントの日々でした(笑)

その時からずっと音楽をやっている友人達は数少なく、やっている人はすでにメジャー
になっているか、ぼちぼちと自分の好きな音楽を楽しんでいる人もいる。

僕も長らくずっとバンド活動は続けていて、一時期家具職人の仕事に従事している3年ほど
やっていなかった事をのけては継続している。
好きとかそういう事でもなく、ドラム自体は僕の生きる為のやる事の一つであって
パンクやサイケデリック、マンチェスター、アノラック、オルタナティブ、スカ、レゲエ、ラテン
という感じでずっと続けられている。
まあそんな事で、音楽をやる事で自分を知ったり仕事のリズムや人前に出る事なんかにも大きく
影響されているなとつくづく思うのです。
そう考えれば人生の半分以上はすでに音楽をやっているし、家具の世界も20年を超えました。

なくてはならない存在、音楽とものづくりということなのでしょうかね。

さて、今月も来月もそれぞれライブがあります。

今中心となってやっているバンドpug27主催のイベント『bird watching』も11/22に大阪noonで
行います。20141122BW_920

12/7(日)篠山のrizmにてライブイベントを共同開催することになりました。
「6」x rizm 共同music program vo.1

20年来の音楽の友人イッチーとヨッシーのライブに僕も木工のパフォーマンスとドラムで参加いたします。
是非、地元でのライブ僕も楽しみにしていますのでご参加くださいませ。

https://www.youtube.com/watch?v=FTwAevVJpD8#t=60

詳細はこちらまで。

「6」news

rizmサイト

2p_04s1460063_386818441468391_1242841040446653559_n


10月はいそがし

10/15〜17まで大阪の中之島国際会議場で開催されている、
インテリア見本市 ”living&design 2014”のセミナートークに参加させて頂きました。
夜は喜多俊之先生とも夕食を一緒させてもらい、巨匠のとても興味のある話しで
盛り上がりました。ホンマに勉強になった。

IMG_3478 IMG_3476
IMG_3482内容は約一時間、都会と田舎のものづくりの話しを無事終えホット一息する間もなく、
明日10/18は綾部の”竹松うどん”さんのイベント『たけまつり』に出店いたします。

雑貨はもちろん、限定30食のカレーでの参加もいたします。
是非おこしください。
約30店舗の出店ですよ。「6」はお休みさせて頂きます、、、

次の日10/19(日)早朝から神戸までワークショップに行きます。
終わり次第大阪に向かい、焼鳥屋”ばかや”さんの周年ライブに参加いたします。

20141019_BAKASAI_920あー週末は怒濤の毎日です。
明日の用意して早く寝なきゃ!!!

ええ年やし身体壊さんようにしないとね、、、

 

 

 

 

 


粋な職人

仕事の話しではなく、趣味の方が多いこのブログ(笑)
ちょっと仕事の話しも。
「6」は雑貨やではなく家具屋さんなのです、、、(よくセレクトショップと言われる)
最近は個人のお客さんのオーダー家具をゆっくり作らせて
もらう感じでやっています。
ご自宅に伺ったり、来店していただきアーコールのアンティーク椅子なんかは座っていい感じなので
持ち帰るってこともしばしば。
カタログもなく、展示家具も少ないのはなぜだろうと思わはる人も多いのではないでしょうか?

そんなお店なのですが、いろんなお客さまからオーダーいただいたり遠方から
来て頂いたりとうれしいかぎりです。

最近お客さまのオーダーで作った2シーターのソファー。
打ち合せも時間を掛け、少し派手な張り地を希望されました。
SONY DSCSONY DSC
張り屋さんとも張りの固さや背の感じ、シートの角度も綿密に打ち合せ。

仕上りを取りに行くと、その柄を背と座キッチリとそろえてくれていたり、余った布でクッションを
作ってくれていたりと思っていた感じ以上の仕上りに感銘を受けました。

最近は言われた事以上の事をしない世の中になっていますね。(やるとクレームになったりするので)
もっとそういった自分の思い以上のモノに出会える事って本当に素晴らしいことだと思うのです。

なので僕も何かを購入する時は、おまかせしたい人におねがいをするようにしています。
人と人とモノで繋がる感じが心地よいのです。

 

 

 

 


3年経ちましたー

ここ篠山に来てすでに3年半が経ちました。
先日9/16でちょうど「6」は3周年となりました。
これも皆様の応援やまわりの方達の支援があっての3年です。

皆様ありがとうございます。

写真

前職から考えれば今の生活が夢のようで、本当に朝から晩まで(日が開けるまで)
30代の頃はやっていたことを思い出します。
20代で恥かいて、30代で身につけ、40代で謳歌して50代で、、、
てな感じで今後どうなるかは解りませんが、取りあえず楽しんで日々生きていけるよう
にしたいとおもっています。
皆様のおかげという事がいちばんですが、自分の努力の賜物ってことも
自分自身で褒めてやらないとあかん時もあるし、
辛かった事やよかった事ひっくるめて勉強やし、楽とかいい目ばっかり目指していると
余計にあとでしんどい人生になると自分に言い聞かしてやっているのがいいのか
悪いのか解りませんが、なんとか自分も含め人も少しは幸せになってもらえたら
と思っています。
マジで、、、

 

どちらにせよ人生てのは”自分で切り開く”ってのがいちばん大事なんですよね。

前ふりみたいになりましたが、10/15(水)に大阪のLIVING&DESIGN展のセミナー
講演をさせて頂きます。16時からの1時間、短い時間ですが、お時間ございましたら
僕のお話を聞いていただければ幸いでございます。

10550837_752765024765189_1912510409027212194_n

これからもよろしくおねがいします。

SONY DSC

3周年記念ステッカーもできましたよ。

 


toro e toro

オーストラリアのズッシーことズシさんよりキリムドールが届きました。
彼女の作るもの全てに意味があり理由があり考えさせられるものがあります。

むろん作家やモノを作る人というのはそういった考えをもとにものづくりをしているのだと思います。

あたりまえだけど、自分もモノを買う時や仕事をする時は理由(コンセプト)などがしっかり
考えてあるモノや仕事をするようにしています。

人気とか流行がとかブランドがどうだとかということも必要ですが、なるだけ
自分で見たり触ったり作り手と話してみたりとかすることで大きく変わります。
特につくっている人の人間性で決める事が多いのです。

ズッシーはそんな全ての人柄や器の大きい女性で、ファンも多く特にものづくりや感性豊かな
方からも支持されています。
僕もその一人(笑)
ユーモアも含めたその人とモノの関係性がとても好きなのです。
ブログの文章など安心感や優しさなんかも伝わってきますよ。

そんなズッシーとの展示会も来年早々にする予定になっています。
おもしろい企画をお互い練っておりますのでご期待くださいね。

SONY DSC