荒西浩人のWEBLOG

BOOK

GOMA〜失った記憶ひかりはじめた記憶〜

新刊が発売されました。以前「6」でも展示会とライブにきてくれたGOMAちゃん。
彼のライブは前職当時に見たこともあり勢いがありました。
昨年「6」で身近に展示会とライブをやってくれたのは、昔からの友人の
すすめがあってこそでした。
前職時代にお店に呼んで彼のライブを見た時と今回の事故後は全くもって意味合いが違います。

彼は2度の交通事故により(正確には2度目?!)の車の追突される事故により
高次脳機能障害と診断され一切の記憶が失われる病気と闘っています。
事故から6年半の実体験と家族の支えや医師、友人などを綴った本が発売されました。
とても家族や愛に満ちた内容なので、是非みなさん読んでみてください。
きっと生きることの素晴らしさを改めて感謝できる内容となっています。

また「6」でも展示会開催できればと思っております。
13654361_1399470463401675_1275150049083040253_n


やってみよう精神

篠山も寒くなってきました。
アトリエでの作業も厚着をして作業に勤しんでいます。
寒いから家にこもるのではなく、寒いので外に出て子供と公園にいったり、
車のワックス掛けを手でかけたり、スタッドレスタイヤを自分で
変えたりと、寒いからこそ外で動いてあたたかくなる方法があります(笑)
もちろん仕事も寒い方が気合いが入るし、動いていると寒いのも忘れる。

部屋に入ると薪ストーブでほっこりとできるのが冬だけの贅沢です。
ストーブに温まる為の椅子を何脚かあるので選んだりして、本を読んだり
コーヒーを自分で挽いて入れたり冬には冬の楽しみがいっぱいあります。
IMG_4230
バイクも最近動かしていなかったせいかバッテリーがあがってたり、車はマフラーが
錆びて穴があいたりといろいろありますが、何とか自分で直せる所は直し
それをまた楽しめています。

明日にでも林道朝だけ行こうかな。

『できる事はやる』『できそうな事はやってみる』『やった事がない事はチャレンジしてみる』
この3つは今の時代大事なことのように思います。

やる事によって自分の経験値のアップ、やれる事が増える、やって自信がつくなど、、、
エエことずくしである。

仕事でもそう、最近よく耳にする”買った方が安い” ”うちはやったことないからやらない”
”やっても保証できませんよ” ”やるのは手間がかかるからやんない” ”うちの商品じゃないから”
などとやらない会社や企業が多い。

ましてや自分の所の製品なのにもうそれは やらないことにしてますからという、、、
人間もっとチャレンジ精神があってもよかろうとおもうのです。
何歳になってもスキルアップと冒険心はある方が楽しいですよね。

 

年末から年始にかけて、キッチンのお仕事が2件ありこれは”やったこと何度もある”
ので楽しんで製作しています。まず年内納品のキッチンの台部分。
IMG_4197

それと、愛着のある椅子の修理作業をしました。
お家に伺って家具を注文して頂いたあとに帰りに「これって修理できますか?」と渡された椅子、、、
即答、やりますよ(笑)
脚は根元から折れてましたから捨てるに捨てられず置いていたらしい。

 
IMG_4162

家具も注文いただいたし、見積書はサービスということにしました。

 

チャレンジさせて頂けて僕はそれで嬉しいのです。
直りましたよ。
家具の納品と一緒にお渡しします。

12月から2月まで冬期休業をしていますが、問い合せも何件もいただき来店して
これからお店をやる方や、自分のアトリエや部屋などのコーディネート話もさせて
いただいています。

もちろん家具の注文やこちらに来られてお店に来たかったと言うお客さまも
大歓迎でお待ちしています。
こちらまで問いあわせメールくださいませー。

oyakata@6-rock.com

 

 

 


トークとかバンドとか

先日、大阪の「fork」 old book storeさんで岡山の西粟倉の大島君と
トークショーをさせていただきました。

定員30人にも関わらず、50名以上のお客さまが来場していただき、ありがとうというか
ビックリいたしました。
対談方式のトークで笑い半分まじめ半分て感じで進行しました。
まだまだしゃべりたいことは山ほどあり、皆様に楽しんでもらえたか心配でしたが

写真交流会で楽しんでもらえたという批評もあり良かったです。

久しぶりにインテリア関係の方や業者の方とも話すこともでき、満足な1日でした。
久々に行きつけだったgozoで一杯やったりね(笑)

篠山は秋たっぷりのシーズンですよ。秋

毎朝のウォーキングのルートの中には紅葉している所もたくさんございます。
是非、秋を見に篠山におこしください。
今年はまだライブ4本と、ワークショップ2本そして
年末のカウントダウンライブに参加して一年も終わりますね、、、ってまだ早いわ!!

夜中スタジオでのリハです。
写真

はい、まだまだ年末に向けて頑張ります!!!

「6」カホン作りワークショップ予約開始しました。


お盆前から太平洋スエルが全然こずサーフィンも、おあずけ状態の毎日、、、
ここにきて、台風スエルがやってきたと言うのに仕事も忙しくなり
またまたおあずけ。
今年のこの高気圧で日々仕事する人も帰省した方もこの暑さじゃ遊びも仕事も
ちょっと困難だったようですね。
波も、もう一つだったようでこのまま台風が何回か来て一気に秋に向う感じでしょうか、、、

天気の事もそうですが、自然の猛威に人間があーだこーだ言ってもどうにもならず、
異常気象で人間界に問いかけをしているようだと考えるのは僕だけでしょうか?
ろくでもない「エネルギー源」をつくったばかりに、日々注意しなければならないこの日常は
ある意味バカげていますね。
日々学習能力をなくしたオトナたちがどんどん増え、後の事などどうでもいいようなテクノロジー
が日々の生活を脅かす。必要な物と不必要な物のバランスを考えて行く社会にする為に
どうすればいいのかなど考えております。
発信する立場のボクの生き方の類いの人らが出来る事をじっくり来年に計画、企画する予定です。

ともかく時間が出来たら波乗りやバイクを走らせたい。
そして走りながら、波に浮かびながらモノ事を考える時間を作ろうっと。
今はちょうど仕事をしなさいと言われているようなので、じっくりとそれに没頭しよう
と心がけております。
平和で安全な世界と毎日を願いたいですね。
SONY DSC

 

今月末から古本市をしようかと思っております。

ちょっと貴重な本も並べます。
詳細は「6」newsよりアップいたします。どうぞよろしくおねがいします。

 

 

 

 

 

 


暑いでスー

毎日暑い日が続きますね。
篠山の冬との温度差は、夏と冬では30°以上!?
なんなんだろかー今暑い熱を冬に置いとくとかできたらなーってアホな事を考えてます。

ゲリラ豪雨とか言ってますけどこれって亜熱帯地方のスコールに似た現象。
日本もついにそういう地方になったんじゃないですかね。

毎日の作業も何回Tシャツを着替えたらいいのか解らないくらい替え、水分も
今日1日で3リットルは軽く飲みました。汗ではなく、風呂にはいっているようでした(笑)
粉がへばりつきますw

SONY DSC

 

仕事は、冬に気合いが入ります!!って言ってましたけど、夏は本当に無理すると
倒れるので、ほどほどに作業をすることにしています。

お盆前にいろんな雑誌に掲載されましたので、お盆も皆様のご来店お待ちしてます。

tamba_sasayama

 

 

 

top_1309


アートもええですなー

最近は製作か打ち合せの日々が続きます。
「6」の定休日はほぼそれでうまってしまいます。
ついでに知りあいの所やお店など回って、今回はギャラリーの
打ち合せもあり、夏に展覧会にも参加する予定です。
サーフィンにちなんだイベントです。とても楽しみです。

サーフィンと言えば、、、
4月3日に発売される、昨年展覧会をさせていただいた豊田弘治さんの絵本が出版されます。

家族写真掲載と絵本の帯にコメント掲載をさせていただいております。
bueno! books『もじのないえほん』 

よろしくおねがいします。

 

明後日、31(日)14時半からの営業となりますのでよろしくおねがいします。
4月の「6」のイベント”いとう写真館“ですが、14日の日曜はわずかに残っております。

13.15日は空きがありますのでどうぞおこしください。
15日は特別に天気がよければ、室内でも庭でも撮影が出来るようになりましたのでこちらの方も
要チェックですね。

 


付き合いは長く、、、

今日はなぜか、家族全員メチャ早起き。いつものように朝飯を食べ、オヤカタの散歩。
アトリエ作業は、カウンターのきどりと椅子の修理作業。

重いショーケースも完成しあとはキレイに磨くだけ。
早く現場に納まったところを見たいです〜

昼から大阪方面に打ち合せと用事で出ることに。
家族も連れて久々に黄瀬君とこへ行ってみた。

言わずと知れたtruckの人(笑)
truckを始める前からの付き合いで、趣味も同じことが多いので昔はよく遊んだが
なかなかタイミング合わんのでじっくり遊んでないなあ。
なので、今度バイクでツーリングに行くことに決めた。
テントと寝袋もって、、、

graf始めた時より一年早いtruckは共に大阪の家具屋として継続し互いに成長してきた。
同じ業界であり規模や物は違えれど、互いに個人的にオモロがっている感じがまた良い。
黄瀬君と唐ちゃんも、もちろん最初は小さな工房とお店から始めた。
僕らも堀江の小さなビルの二階にショールームを持ち、工房に住み込み、寝る間も惜しむほど仕事に専念した。
今の中之島に移動し現在に至るgrafが現在のところに引っ越ししたように、黄瀬君も今の場所に拠点を置き
腰を据え微動だにしないこのスタイルは誰が見ても理解できる。
規模が大きくなってどうだの、有名かどうかとか、そんなのどうでも良い。
結局は付き合っている人がどうであるかだけ、、オモロい人はずっとオモロい。
僕は去年退社し、ちょうど一年前の16日に「6」をオープンさせました。
互いに着実に進みながら、お互い気兼ねなくまったく 変わらない会話が当時と同じように今日も
出来るのは、飾らない、きどらない、カッコつけない、“ふつうにええ感じ”やからでしょう。
これからもずっと友達であり、お付き合いは変わらないでしょうね。

birdでコーヒー飲んでドーナツ食べてたわいもない話しを長時間していたので
子供らは退屈だったよう、、、ごめんね。
これからも家族ぐるみで、お互い”ええ感じ”でやりましょう。
エラいヒゲずらで本の宣伝してはります。
truck nestじっくり読ませてもらうわ〜

 

その帰り近くの脇田にいやんに挨拶がてら、GREG SURF COMPANYに寄り、
十三のmt cafeでお茶して帰宅しました。

仕事数件、友人達にも会ってきた充実した一日でした!

 

 


超〜がつく日

車でサーフィンや家族でも移動がほぼ車の僕ですが、今日は超珍しく電車出張。
篠山口駅まではスクーターで行き、大阪まで一時間強乗り、新幹線に乗り継ぎ池袋まで。
数年前までは普通に東京まで出張していましたが、2年ぶりくらいに超都会へ。

相変わらずの人の超多さに圧倒され、現場につくのに3時間、、、往復6時間半にもなる。
展示会シーズン、新しいものの仕入れに。
久々に新潟から鹿児島の雑貨インテリア業界の友人や知りあいに会えてこれも超楽しい。
2時間みっちり使い吟味吟味。

もう一件家具を注文していただいているお客さんの資料となる場所へ移動。
実際収穫はなかったが、そこにあった一冊の本に僕はヒントを見つけて購入した。
分厚く超高い本であったが、今後のバイブルになりそうと考えれば安い物だ。

 

帰りの地下鉄もよくわからんくてウロウロして山手線に乗り込み長〜いこと揺られ家路につく。
日帰りツアー終了。

やっぱり今は家がいいな。
田舎が最高とは言わないが、心地よい。
都会も刺激のあるモノが多いので、歩いているだけでどんどんネタがある。
ずっとそこにいたり、同じことをしていると慣れてしまったりしますよね。
実はよ〜く見るとたくさんヒントが埋もれている。
どうやってそれを活かすかが、自分のテクニックの在り方だと思う。

あと、僕は行った店には必ずと言ってもいいほど、スタッフさんと話すようにしている。
絶対にヒントがあるから。

今日の収穫はカフェでパンをイートイン出来る店にはいってみた。
モチモチしておいしかったですというと定員さんが、「少しごま油を混ぜるんです」と
教えてくれた。今度やってみよう!!

ほ〜らいつも何処かにたくさんのヒントがあるんすよ〜

見逃していませんか〜
しかし超眠い。


掲載冊子やテレビ

去年の「6」オープン前からたくさんの雑誌やテレビの取材がありました。
Richerから始まって、富士フィルム写真のカタチ、地元新聞、LIFE- 夢のかたち–  meets 、toyotaの小冊子、
最近では神戸新聞奥様手帳などこの半年で数えきれないくらい取材を受けた。
そういった事でお店に訪れる方々からテレビ見たよ〜とか雑誌見たよ〜って声をかけられることが
多いです。新天地に来てまた新しい人と出会ったりするのは面白い。

大阪にいる時も取材はあったが、特に年配の方々とはこちらに来て話すことがかなり多くなった
し、都会よりちょっと離れた若い住人の方の話しとかも聞くのもこれまた楽しい。

メディアの力はすごいなと改めて思う今日この頃です。

今月1月21日(土)放映の住人十色という番組で僕の家が放送されますので、よかったら見てください。

 

 


掲載雑誌

今月号の"meets regional"に掲載されております。

よろしくおねがいします。

main.jpg

友人の居七十七さんも同じページで掲載されています。


LIVES(ライヴズ)

今月発売の”LIVES"に丹波篠山特集というページの中で、僕の家が

古民家セルフリノベーションという項目で4ページ掲載されました!!

インテリアや建築、デザインが好きな方はおすすめです。読みやすく写真もキレイなので

いろいろ参考になるとてもいい雑誌です。

是非本屋さんでチェックしてみてください。

立ち読みもいいけど、買ってくださいね(笑)

15日発売です。

SANY8883.JPG

http://www.livesjapan.com/

http://www.livesjapan.com/latestissue/


篠山特集

Lマガジン社のRisher"リシェ”最新号は篠山特集です〜

僕の店”6”も紹介されています。
是非見てください。
家族と毎日一緒にゆっくり過ごしているのでなかなか内装進んでませんが、、、
http://lmaga.jp/richer/1108/flash/_SWF_Window.html?mode=1062

秋にはお店はオープンしたいと思ってます。

家具製作、修理、内装、木工関係の仕事なら工場も稼働できてますのでオーダー可能です。
事前連絡していただければ、来てもらってもよいですよ〜

http://www.eonet.ne.jp/~itibiri/itibiri_home.html

main.jpg

クマともりとひと

先週からちょくちょく大阪で仕事に行っている。帰りは遅くなるので、山道を走るとき動物に気をつけないとね。
そんな深い山ではないんだけど、山道は鹿の目がギラギラ見える。
動物は山から下りてきている。
六甲なんでもう民家までおりてきている。イノシシが目の前にいたとかは日常らしい。
襲われた友人もいる。
動物が悪いんではなくて人が自然を破壊して家を建て始めたから近くにいるだけ、、、
両者がいいバランスで過ごせたらいいのに

前に読んだこの小さな100円の本
小学生があるツキノハグマを鉄砲で撃ち殺す新聞を見て先生に何故撃たなけれなならなかったのだろう?
と疑問に思い先生と生徒が一緒になって自然の事をもう一度考え、県知事にまで署名を集め一つの行動になった話し、、、
とても泣けた本思い出した。
機会があれば読んでください。

kumamorihito_books.jpg

ジェリーロペス

友人のハバネロ農家 ターンムファームの近藤君に会いに行った。
ちょうど出勤している道路沿いなんでわかりやすくmarketはたくさんの人がいてた。

SANY7484.JPG

昼過ぎまで仕事をして、夕方心斎橋のpatagoniaまで先日予約していたジェリーロペス
の本の出版記念のサイン会にいった。

SANY7503.JPG
SANY7502.JPG

サーフィンしている人はまず知らない人はいないだろうあの神様gerry ropez!!!
サーフィンだけでなく生き方そのものがすばらしい。
話すと長くなるので自分で調べてください(笑)
さてサイン会は、彼を崇拝する人たちで皆緊張していました。
ボクは、なんというか緊張するどころかそれを通り越して笑けてきたし
いろんな意味で人生経験積んできた方は、オーラより余裕すら見えるこの優しい笑顔
をみせられ親しみやすさすら感じた。、、、失礼しましたふらふら
自分が家具職人でいずれサーフボードを削ってみたいということと、ミュージシャンなんで
自分のバンドのpug27のCDとTシャツもプレゼントした。
gerryが海外の海でTシャツ着てくれているの考えたら嬉しくてたまらない手(チョキ)
名前”ota”になっているのもご愛嬌。

SANY7551.JPG

サーフ仲間Kちゃん、Kさん家族も一緒に。

SANY7516.JPG
SANY7514.JPG

サイン会のあとすぐに枚方のSEWING GALLERYまで走った。
nobuうどんのノブさんのおとうさんの自叙伝本の出版記念パーティーへ。
ノブさんの師匠でもあり父でもある宏さん。

SANY7546.JPG

おいしいおかずと、勿論ノブうどんの振る舞いでお腹いっぱい。
いつもおいしいうどんありがとうございます。

SANY7549.JPG
SANY7547.JPG
SANY7526.JPG
SANY7543.JPG
SANY7536.JPG

ボクは今回この屋台を製作協力させてもらいました。
ついたらすぐ搬入と組み立て。
なかなかよくできたとおもう。何でも作りまっせ!
今日は偶然にも”本”の一日でした。
スケジュール分刻みだったので今日はちょっと疲れました。がそんな事いっている暇なく明日は岡山dotcafeでライブや。
明日もがんばるぞー!!!
近藤君、gerryさん、ノブさん元気貰いました。


flat house life

家族も増えたんで家のことが気になっている。
そりゃ4人家族の犬一匹やし、家は狭い。築年数は50数年まえのもの、、、
自分で出来るところはリフォームした。当時嫁が妊娠してたけど手伝わせた(汗)
いろいろ取材され本にも載せていただいてもらったので愛着はバリバリある。

LiVES47-thumbnail2.jpg
DSC02355.JPG
DSC02354.JPG

LIVES(ライブズと読む)
先日2009年に平屋の本が出ていたのを知って、購入した。
とてもオモロいそしてとっても”あたたかい家”が載っている。
平屋、、、理想やな〜

DSC02352.JPG
DSC02351.JPG

うちには庭がないんでオヤカタも退屈だろうなって。
オヤカタはもう13歳。
今日はオヤカタと夜の散歩。競歩ならぬ西田敏行の「サンキュー先生」ばりの早歩きで散歩してきました。
彼が生きている間に大きな庭で過ごせたらなって思う今日この頃です。

DSC02346.JPG

8時だよ全員集合!!

3年ほど前に、名刺交換した仕事関係の方から定期的にいろんなジャンルのおもしろい本の推薦メール流れてくる。
ビジネス本、スピリチュアルな本、政治経済、はたまた冒険、宗教、生と死の本、、、
ボクが読みやすく勉強(ビジネスはちょっと、、、)になる本をピックアップしてamazonで注文する事もある。
昨日来ていたメールは、なんと『8時だよ全員集合』の本である?!
これまたおもしろいピックアップでそして説明文もおもしろい。
ちょっと抜粋してみたんで読んでください。
以下 
————————————————
「全員集合」ほど社会的な影響力を持った番組も珍しいのでは
ないでしょうか。視聴率が50%を超えることもあったというのも驚
きですが、公開生放送の形式で16年間も続いたというのはまさに放
送史上の「事件」であり「伝説」と言っても過言ではないでしょう。
あの番組は、徹底的に作り込まれたも
のである、ということでした。放送の一週間前の木曜日にエンドレ
スの会議をやって翌週のネタをひねり出し、セットの製作にかかっ
ている間、金曜日と土曜日の二日間でその週の本番の作り込みをす
る。たった一時間の笑いのために、何十時間もかけて、関わるスタ
ッフ全員の知恵と技術と労力を結集させて作り上げるのです。
中略
おまけに、番組は公開生放送。つまり、テレビというよりも、舞台
なわけで、目の前に観客がいるから誤摩化しがきかない。その緊張
感の中で、目の前の観客を笑わすために必死にならざるを得ないの
です。観客を笑わせるためにとことん尽くすいかりや長介の姿勢は、
もはや「愛」としか呼びようのないものを感じさせるほどです。
中略
「低俗」だとか「バカバカしい」とかの袋叩きにあうために、これ
だけの周到な準備がされているのだ。どうすれば「バカバカしく」
可笑しいものが作れるか、苦しみ悩みながら、ナンセンス・ギャグ
の世界へ没頭していく。
誰もが知っている社会情勢こそが、ギャグの原点、コントの原点な
のである。列車が通る度に、騒音で会話が聞こえない家。そのたび
の震動で、地震よろしく家が揺れて、家の中のいろいろな物が落ち
て来たりする。(…)これらのコントを、クダラナイ、バカバカし
いと言う前に、こんなクダラナイ、バカバカしいような状況が日本
国中のあっちこっちに現存することを、正義の味方たちには、真剣
に考えてもらいたかった。
今、「8時だョ!全員集合」を再び制作することになれば、当時よ
りもひどい状況にある一般大衆には、以前にもまして受けるに違い
ない。コントの題材は、毎日毎日嫌になるほど、腹立たしいバカバ
カしいニュースがあるのだから、事欠くことはない。だが、番組を
やる気にはなれない。やる気がないというより、やりたくない、と
いうのは本音である。なぜなら、番組のエンディング・テーマに乗
せて、「歯磨けよ!」「勉強しろよ!」「車に気をつけろ!」と呼
びかけるセリフで、「身体売るなよ!」「薬に手出すなよ!」「人
を殺すなよ!」などとは、加藤茶に言わせたくないからである。
「う〜ん」とうなずけてしまえるのはなんだろうか?
ボクも毎回生放送であらゆる有名ゲストが出ていて「歌い」そして「コント」に出演するのを
目の当たりにして、いつもわくわくドキドキしたものである。
全員集合を見るために、お風呂に入ってから家族でこのばかばかしいコントを見ていた。そしてなにげに憧れていた。
ほんと”べた”な内容だが本当の笑いとわくわく感は忘れられない。
セットごと裏方さん達が動かすあの瞬間とか、セットに乗ってくるが人的作業なんで、アイドルがぐらついたり
しているのは、本当の意味での”ライブ”でした。
全員集合。
志村けんが
「からすなぜなくのカラスの勝手でしょー」
という替え歌に全国の子ども達が魅了され、本当のオリジナルの童謡曲の事すら知られないまま
この時代登下校途中に友達と歌ってた小学生は多かったはず、、、
これはある意味”カオス”なことなんですよね。
そうゆう時代背景があってナンセンスギャグがオーケーだったように思う。
しかし「洗練されすぎ」た社会になるにつれおもしろさにかける番組が多くなった。
恐るべしギャグの社会背景とこの現象。
なんで急にこの題名かって?
ついに昨日大台の年齢になったんですよ〜
大人になるにつれ、ばかばかしい事や笑いに疎くなっていく。
このときの精神を持ってボクは生きていきたいなって(笑)本気で思てます。
おじいになってもギャグは言い続けますよ手(チョキ)