荒西浩人のWEBLOG

映画から得ること

19歳くらいから映画をほぼ毎日のように見ていました。
ドキュメンタリーやカルト系などを中心にロシア、イギリスなど好きな映画監督作品があれば全て制覇したり
どちらかといえばカンヌ国際映画祭系が好きでその辺りをよく観ていました。
もちろん邦画もチェックし、定番ですが黒澤明の映画もかなり観ました。
七人の侍よりも「どですかでん」が好きやったり(笑)

アカデミー賞にはあまり興味がなく、わざわざ選んでまで観たりレンタルしたりはしなかったのですが
今回自分がドラマーだったこともあり「セッション」を観ました。

もうなんというか音楽の話なんだけどそういった内容はど返しし、現代の社会風刺や
ナマ緩くなった甘ちゃん人を表すような描写や強烈に芸術の極みの内容を見せつけられ
胸をえぐり取られるような気持ちになりました。

ここまで究極になる手段は実際どうかと思うが、本当の『ホンモノ』の世界が映像で
表現されていることに圧巻しました。
本当にいい映画でしたので是非みなさん観てください、いや観ないといけない作品ですよ。
音楽をしているしていないは関係なく内容はそういった表現方法がたまたま音楽だったというくらいの
映画です。
上っ面で生きている人に見せつけたい気分です(笑)

アカデミー賞もなめたらあかんかったです、、、

T01a_166841